日本で最もポピュラーな経口避妊薬

トリキュラーEDとは

女性のための低用量ピル

 

トリキュラーとは避妊することを目的とした女性のための低用量ピルです。
卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンの分泌を抑制させることで排卵を抑えます。
また、受精卵の着床を阻害することで避妊の効果を得ることができます。 
低用量ピルとはからだに有効な成分をできるだけ少ない量で配合して、薬の効果を得ようとするものです。
トリキュラーはドイツの製薬会社であるシエーリングによって開発されました。
現在はバイエル薬品が販売しています。

トリキュラーは黄体ホルモンと卵胞ホルモンの働きによって避妊効果を発揮する低容量ピルであり、正しく服用することでほぼ100%の避妊効果を発揮することの出来る薬です。
生理周期をコントロールできる為、毎月のスケジュールが格段に立てやすくなるという避妊以外のメリットもあります。
旅行などで生理と重なって欲しくない日がある場合にも簡単にずらすことが可能です。
また生理痛が軽くなる、飲み続けることによって卵巣がん、子宮体がんなどのリスクが減る、骨粗しょう症になりにくくなるなどの効果があることでも知られています。

トリキュラーには現在、2つの種類の薬があります。
そのひとつがトリキュラー21とであり、もうひとつがトリキュラー28です。
このトリキュラー21とトリキュラー28の違いは、一箱に入っている薬の数の違いです。
トリキュラー21が21錠入りで、トリキュラー28が28錠入りになります。ピルは21日間連続して服用する必要があることから、そのような数で販売されています。 
40%以上の日本人女性に支持されている理由として、4×7のマスに薬のカプセルが入っていて、そのマスに日付・曜日のシールを貼ることで簡単に管理することができます。

▼▼▼トリキュラーは後払いOKでまとめ買いが安い!▼▼▼
トリキュラーの個人輸入ならTOP

効果・効能・成分について

卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンの分泌を抑制

トリキュラーとは、<エチニルエストラジオール><レボノルゲストレル>を主成分とする低用量ピルです。
卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンの分泌を抑制させることで排卵を抑えます。
また、受精卵の着床を阻害することで避妊の効果を得ることができます。 
このレボノルゲストレルとは黄体ホルモンであり、エチニルエストラジオールは女性ホルモンのひとつです。
このトリキュラーの効果・効能は妊娠を阻害するということにあります。
この薬を女性が服用した場合、子宮の内膜が変質します。
その結果として胚の着床を阻害するというはたらきがあります。

低用量ピルとは

フランスでは成人女性のピル使用率はなんと50%以上

低用量ピルはもともと否認を目的として開発されました。
今は月経痛を緩和させたり、月経を順調にするような手段として使われています。
低用量ピルにはエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンがバランスよく含まれています。

低用量ピルの利点というのは、避妊だけではありません。
やはり、妊娠を回避するということは何か病気になりやすくなってしまうのではないか…と心配になるかたもいらっしゃるかもしれませんが、むしろ子宮がんや卵巣がんはピルを飲むことで減少するということがわかっています。
日本では成人女性のピル普及率はまだ3%ですが、フランスでは成人女性のピル使用率はなんと50%以上で、世界的にみれば相当数の人が使用しているピルを検討してみてはいかがでしょうか。

ピルの種類についてですが、一相性ピルと段階型ピルに分かれます。
女性の月経周期は28日周期が基本ですが、その中でピルは「21日間飲んで7日間休む」というサイクルで飲んでいきます。
一相性ピルというのは21日間、ホルモンの配合量を一定にいて飲んでいきます。
飲み間違いが少なく、簡単という利点があります。
一方、段階型ピルでは、月経サイクルの中でホルモン量を増減をして飲んでいくというものです。
必要な量だけ飲んでいくので一相性ピルに比べて摂取する総ホルモン量が少なくて済み、不正性器出血が少なくて済む利点があります。

▼▼▼トリキュラーEDがまとめ買いで安い!▼▼▼
トリキュラーの個人輸入ならTOP

トリキュラー

  
Copyright © トリキュラーEDの通販・個人輸入の情報サイト. All Rights Reserved.